読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

コミックEDENサイン会にかこつけて吉祥寺でやりたい放題

はい、今月2度目の吉祥寺ですよ。
前回、2日に行った時の記事がコチラ。

この記事にも書きましたが、吉祥寺PBCでコミックEDENの執筆作家、青木俊直先生とウラモトユウコ先生のサイン会があるとのことで、サイン欲しいなー★と思って、2日に整理券もらってきてたのでした。
そして今日がそのサイン会の日。


サイン会は2時からなんだけど、自分、朝の9時ちょっと過ぎに家出ました。
今日吉祥寺でやりたいこと、たくさんあるから、大忙しで。


吉祥寺に着いたのは、10時少し前。
まず最初に向かったのは、1300円美容室の「イッツ!」さん。
自分散髪する時にはここに来て切ってもらいます。
イッツ!さん、いわゆるシャンプーなしのカット専門店。価格は1300円。1000円のお店と比べるとちょっと高い。でも、その分ちょっと美容室っぽいというか、いい感じに散髪してくれるのですよ。
家の近所の美容室は高いお店ばっかりなので、電車賃かけてもここで切ってもらったほうが安くつく。
そうなんだけど、このイッツ!さん、愛好者も多いらしくて、土日はすごく混むのです。狙い目は朝一、オープンと同時。
そんなわけで、開店10時直前にお店にたどり着いたわけです。
おかげで待ち時間なしで開店と同時に散髪してもらえた。


散髪を終えて、次にPBCへ。
コミックEDENを購入。
コミックEDEN、すんげー分厚いのでびっくり。
そこで、ウラモトユウコ先生が急病で欠席ということを知る。
そうなんだー。


コミックEDENを抱えて、向かった先はコメダ珈琲店。

人生初コメダですよ。行きたいとは前から思ってたのですが、なかなかタイミングが合わなくて。
2階にあがって店内入ると、数人のウェイティングが。
そして、店内見渡すと、じいさんばっか。
どうやらここは老人たちのオアシスになっている模様。
うー・・と思いながら待つこと10分程度、席が空いたので案内されました。
コメダ珈琲店、ロゴが可愛いですよね。
お水の入ったコップが可愛い!

スティックシュガーが可愛い!

いいわーいいわー。
メニューを見ると、「純栗ぃむ」なるモンブランがあるとのこと。

それもミリキ的だけど、やっぱり初コメダは初シロノワールでしょう。
ということで、シロノワール、大盛りコーヒーを発注。
シロノワール、楽しみ。
ジョナサンで、シロノワールもどき食べて、それはそれでそこそこ美味しかったんだけど、やっぱり本家のを食べておかないとね。
などと思っていると、やってきました。

シロノワール通常サイズ+コーヒー大盛り+無料のパンとゆで卵。
豪勢です!
シロノワール、通常サイズでか!

ソフトクリーム鬼盛りです。
付属のメープルシロップをかけていただきます。

シロノワール、デニッシュがふかふかで美味しいです。
この厚み。

デニッシュは熱々・・ではないけれど、あったかい。それに冷たいソフトクリームをつけて食べる。
うーむ、美味しい。
これは確かに名物になるよね。
とか思いながら一気食い。
あとは、コーヒー飲みながらコミックEDENを流し読み。
豪華執筆陣、みなさん女の子が可愛いですねー。
ゆるふわな青春ストーリーが多い印象。
その中で小路啓之先生のエキセントリックな作品が異質で素晴らしい。
宮内由香先生の作品はエロティックですなー。
EDEN、全体としてはすごく面白いし、いいんだけど、紙質がちょっとあんまし良くない気がする。
ページ数多いから薄手の紙なんだけど、ちょっと読みにくいぞー。
と率直な感想。中身は最高です。


ひと通り読み終えて、次に向かったのは公園口。
新しくできたドンキホーテをふらっと見て、12時ちょい過ぎにレピキュリアンへ。

レピキュリアン、ガレット・デ・ロワ巨大なのとか通常サイズとか売ってた。切り売りはなかったけど。
相変わらずどのケーキも美しいです。
その中から3つチョイス。
それを持って井の頭公園へ。
そう、公園のベンチでレピキュリアンのケーキを食べようという寸法なのです。
紙皿とフォークは常備してるしね。


レピキュリアンのケーキ、まずは古典菓子のポロネーズから。

いつもはケーキの写真撮るのは室内だけど、こういう冬の陽光の下で撮影するのも、またいいものです。
フォークでガジガジと切ります。

ちょっと見た目悪いけど・・・
ですが、このポロネーズ、激うま!
すんげー美味い!なんだこれ!
これはオーボン超えたかも。いや超えてる。
中に入ってるドライフルーツが、お酒たっぷり効いていて、とにかく美味い。
うわー。


ベネズエラ。

これは、チョコとピスタチオ、それにたくさんのチェリーが入ったケーキ。
フォレノワールに近い。
これも美味しいっすなー。
元々チェリーのケーキ好きなので、どストライクなのですが、チョコとピスタチオが素晴らしく濃厚なのを、チェリーと上にトッピングされたベリーがさわやかさをプラスして、より深い味わいに。
レピキュリアンのケーキはどれも小ぶりなのですが、この大きさで正解という食べごたえ十分なのがすごい。


エゴイスト。

これも独創的で美しいフォルムですよね。
ケーキの上に大胆に洋梨のコンポートが載っかってます。
フォークで切ってみました。

こちらもチョコが濃厚。だけど、ベネズエラのチョコと味がぜんぜん違う。
どこがどう違うのかは説明できないけど、別種の濃厚さなのです。
洋梨のコンポートも存在感ばつぐん。チョコとよく調和してる。
うーん、唸る。


やっぱりレピキュリアンのケーキは最高です。
アテスウェイもAKラボも好きですし吉祥寺にたくさん美味しいお店あるけど、いろいろなお店のケーキを食べていくごとに、レピキュリアンのすごさが浮かび上がってくる。


井の頭公園でケーキを堪能して、PBCにバッカゲン。
ちょっと早めに着いたので、店内で雑誌とか本とか立ち読みしながらサイン会の開始時間を待ちました。


そして、青木俊直先生のサイン会。
青木俊直先生、オレンジのざっくりタートルセーター着てました。
自分がサインもらう番になった時、いつものように挙動不審になりながら、先生への愛情を吐露しましたよ。昔からファンでした!とかかんとか。
でも、青木先生もおっさんからの愛を告白されても嬉しくないですよねー。
いいんです。
先生からもらったイラストつきサイン、ツイッターの方には上げましたが、こっちでは秘密。
コミックEDENの新連載作品の主人公の女の子の絵ですよー。


まあ、そんなわけで、サイン会にかこつけて朝から吉祥寺でやりたい放題やってきました。
サインもらってからはそそくさと帰ってきましたが、激しく疲れました。
ちょっと予定詰め込みすぎましたかね。たはは。