読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

青山に最近オープンしたあまいもの屋さんを全部回ろうとした

お菓子

なんと!今年のサロン・デュ・ショコラは、パリセヴェイユ不参加のもより。

エチエンヌさんは参戦するものの、チョコだけみたいだし。
なーんだ。じゃあもういいや。


ということになると、サロショコのためにプールしておいたお金が浮くことに。
その使い道として最初に思いついたのが、青山あまいもの屋さんツアー。


ここ最近、青山に次々にスイーツの店がオープンして、大変なことになってます。
パンケーキだけじゃなくて、ほんとうにもう色々。
そこで、今回は気になってはいたけど、どうせ混んでるだろうし・・・と思って敬遠してたニューショップをグルっとかき混ぜてみようかと。
土日は当然激混みだろうけど、平日の午前中なら大丈夫なんじゃん?と思って。


それで、今日は早く起きて身支度をしてたら、杉本亜未先生がこんなツイートを。

なんと!栗入りのガレット・デ・ロワとな!・・・ということで、急遽予定変更。
まずは恵比寿へ。


アトレ恵比寿の神戸屋キッチンさん、朝早くからオープンなので、突撃です!

ガレット・デ・ロワはというと・・・あったあった!
そのそばに「イタリア栗のモンブラン」という魅惑のアイテムもあったので、それもゲット。
飲み物はウバ紅茶で。

これで1000円オーバーだから、かなり優雅な朝食です。
それで、気になるガレット・デ・ロワは、

表面がツヤツヤしてます!きれいな焼き色。
中に確かに栗入ってるし、ちょっとしたフェーブ大当たりの気分が味わえる。
味はというと、なかなか香ばしさはあるし、アーモンドクリーム(フランジパーヌ)も美味しいけど、ちょっとフランジパーヌの量が少ないかなーという気も。
そうしたら、

なるほどー。やっぱりパン屋さんとケーキ屋さんでは、得意分野も違うし、同じガレット・デ・ロワでも、コンセプトが異なるんですねー。
勉強になる。


勉強になったところで、山手線乗って渋谷へ移動。
渋谷からテコテコ歩いて骨董通りへ。
目指すは「クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー」。
この名前、どうしても覚えられないんですが自分だけ?
この際クリントンさんと略させていただきます。
で、クリントンさん、前回は休日の昼間に通りかかって大行列だったのですが、平日10時すぎなら、どうだ!

おし!行列なし!
意気揚々と店内に入ると、店内ほぼ満席。
そして、男性客は自分だけというすごい状況が。
お店の入口近くのカウンターに座りました。
クリントンさんの名物は、ブルーベリーのパンケーキなのですが、どうもブルーベリーって、見かけは可愛いけど、どうなのよ?と思っていて、バナナ&キャラメルのパンケーキにしようと思っていたのですが、メニューを見たら、「スペシャルパンケーキ」なるものが。
内容は、アーモンドとりんごと梨だって。値段は他のパンケーキと同じ1500円。
それいいじゃん。じゃあそれで。
それとコーヒー500円を。
先にコーヒーが出てきて、待つことしばし。
その間にも、次々にお客さんが入ってきて、あと少ししたらウェイティングが出そうな勢い。
そうこうしているうちに、出てきましたスペシャルパンケーキ。

おお、これは!
なかなか良さそうではないか。
拡大。

ボリュームはかなりあります。
最初にそのままパンケーキ食べてみましたが、ほんのりとしたやさしい甘さ。
そして、付属のメープルバターシロップをかけると、ぐっと甘くなり、自分の好きな味になりました。
上に載っかってるソテーしたりんご、キャラメリゼしたアーモンド、そして、パンケーキに練りこまれてあった細かく刻んだ洋梨。

いいじゃないですか。いいじゃないですか。
これは、勝利の鍵を握っていたのはメープルバターですね。
これがたっぷりついてくるので、パンケーキ好きの人はたっぷりかけて食べるといいし、甘いの苦手な人はプレーンで食べれば甘さ控えめ。
吉祥寺のダッチベイビーで完全な敗北を喫した自分ですが、今回は勝利といえるんじゃないかな。
コーヒー飲み終わったら、すかさず注いでくれたし。コーヒーおかわりできるとは思わなかったので、なんか嬉しかった。
トータルで税込み2100円は高いことは高いけど、満足度も高かったし、納得。


クリントンさんを後にして、次に向かったのはスパイラル。
スパイラルでは、今「赤塚不二夫のココロ展」をやっているのです。
無料だし、ちょっと見てみるかと思って。
スパイラルオープンの11時ちょい前に到着。
入口が赤塚不二夫ワールドに。

赤塚不二夫展、複製原画は撮影禁止だけど、赤塚ワールドの部分は撮影可だというので、雰囲気を。

篠山紀信がクルクル回ってました。
複製原画のコーナーでは、バカボンの有名な「原寸大のバカボン」のオリジナル原画とか、カラーの扉とか、貴重な原画がたくさん。
カラー扉とか、単行本ではほぼ日の目を見ないものなので、とても貴重。
赤塚不二夫グッズもけっこういろいろ売ってましたが、文房具はあんまり使い道ないからなーと思って今回はスルー。


次に向かったのは、青山に忽然と現れた、謎の建物へ。
これです。

なんじゃこれ?ですよね。
隈研吾さんが設計したこの建物は、まるまる台湾のパイナップルケーキ屋さん「サニーヒルズ」のお店。
すごいというしかないこのお店、入ってみると、1階は受付のみ。
受付のお姉さんが「2階へどうぞ。お茶を用意していますから」と言うので、おずおずと2階へ。
2階へ行く途中の踊り場。

そして、2階。

2階にあるテーブルと椅子。そこに座ると、すぐにお茶が出てきました。

お茶だけじゃなくて、売り物のパイナップルケーキがまるごと1個。
これ、無料ですよ!
やっぱり噂は本当だったんだ・・・
サニーヒルズのパイナップルケーキ、袋から出してみます。

四角い。きつね色。
バクっと食べると、中にはパイナップル餡が。

パイナップルケーキ、食べる前は、もっとジャンクな味をイメージしていたのですが、ここのパイナップルケーキは、とても上品。
エシレバターを使っているというケーキ部分はちょっともっさり・ほろほろとした食感。
中のパイナップル餡も、甘さは抑え気味。上品な甘さです。
非常に上品で上等なお菓子ですねこれは。
どうなんだろ、他のパイナップルケーキ食べたことないからわからないけど、パイナップルケーキってこんなに上品なお菓子なの?もっと駄菓子的な甘さを予想していたんだけど。
でも、予想外ではあったけど、美味しかったので、購入決定。
サニーヒルズのパイナップルケーキ、5個入り1500円と10個入り3000円しかありません。
まあ5個入りだよね。
すると、とっても可愛い布製のバッグに入れてくれた。
なんとまあ。
これが、その超可愛いバッグなのですが。

これ、ワイン入れるのに最適!
持ち手もしっかり縫い付けてあるし、多少の重さなら平気そう。
しかしこれ、どう考えても儲かってるとは思えない。
いろいろ何を考えてるのかわからない感じは拭えない。
とりあえず、少しでも興味ある人は、この建物鑑賞してタダでパイナップルケーキとお茶楽しんでみたらいいと思う。雰囲気的には別に購入しなくても怒られそうな感じはしないし。


サニーヒルズを後にして、次に向かったのは表参道ヒルズ。
先日オープンしたチョコレートショップ「マックスブレナー」へ。
この時点で12時近かったから、ちょっと難しいかなーと予想はしてたけど、

はい大行列ー。撤収ー。
一応お店の場所確認したら、

なんとエヴァンの隣!
これはひどい。火花散ってます。
また来ます。しばらくしたら行列もなくなるだろうし。


マックスブレナー攻略失敗したので、その代役として向かったのがグラッシェル。
グラッシェル、たしかどなたかブロガーの方がガレット・デ・ロワ売ってるって書いてたような記憶があったので、もしかしたらカット売りのガレット・デ・ロワ売ってないかなーと思って。

店内入って、ケーキのショーケースを見ると、ショーケースの上にガレット・デ・ロワ、ホールとカットの両方売ってる!
予想的中!
しかもカット売り、神戸屋キッチンより安い368円。
まずこれは確保。
それからショーケースの中のケーキを見ると、美味しそうなケーキがずらっと。
その中から3つチョイス。


・・・と、これで今回の任務は完了。
表参道から家までテコテコ歩いて帰ってきました。


ちょっと疲れたのでしばらく休憩した後、紅茶を淹れて、グラッシェルのケーキ食べます。
まずは、フリッソンルージュ。

可愛いだすなーホエホエ(赤塚不二夫展の影響)。
断面図。

いちごのコンポートが溢れ出てきた。
ホワイトチョコのムースと、いちごの甘さが、春を呼ぶイメージ。
可愛いだけじゃなくて味も良いです。


次は、モンブラン。

これ、外見からも期待できそうなオーラを発してます。
断面図。

生クリームの量たるや。
さて、どんなモンブランか?・・というと、
これが和栗のほっくり感がすごいです!
和栗の淡い香ばしさが感じられる。
和栗ペーストには甘さがしっかりあるので、生クリームがこれだけあるのも、計算ずくだと思う。
これは・・・アステリスクの「モンブラン・クレメ」に非常に近い印象。
モンブラン・クレメはモンブランの名作だと思うけど、それに近いということは、これも素晴らしいモンブランだということ。
和栗のほくほく感を楽しみたかったら激しくおすすめですね。


そして、タルトタタン。

このタルトタタンも、見ただけで只者ではないということがわかると思う。
断面図。

これは・・・はあ。
りんごが、キャラメル状になってるんですよ。甘くてにちゃっとしてる。
めちゃめちゃ濃厚。それを、バニラたっぷりの生クリームと一緒に食べるとちょうどいい甘さに。
それを支えている分厚いタルト。クレームダマンドがたっぷり。
主役のりんごがとにかくやんちゃな味わいなのですが、それをうまく引き立てる脇役がとてもいい味出していて、全体を素晴らしいステージに仕立てあげている・・・とか思いました食べながら。
美味しいです!


そして、ガレット・デ・ロワ。

大きさは控えめ。だけどフランジパーヌはたっぷり。
後ろ姿も撮ってみました。

本日2つ目のガレット・デ・ロワ、食べてみました。
フランジパーヌが、ちょっと杏仁霜のような味わいがある。
非常に香りがいいです。
パイも香ばしくていい感じ。
今日朝一で食べた神戸屋キッチンのガレット・デ・ロワと、グラッシェルのガレット・デ・ロワ、おなじお菓子でもこれだけ違うんですねー。
あとはもう、好みの問題。
自分は前述の通り中のあんこがたっぷりが好きなので、グラッシェル派。
でも、神戸屋キッチン派の人がいても、全然おかしくない。


そんなわけで、本日は恵比寿〜青山でアマタマ大満足のツアーでした。
どのお店も大当たりで、とてもラッキーな気分。
中でもグラッシェル、2回目ですが、非常にクオリティ高いですよ。
チーズケーキ通販の大手ルタオが道楽で始めたアイスクリーム屋さん・・・とか思ってなめてかからない方がいい。
青山近辺では、ここグラッシェルとソルレヴァンテが双璧になるかと。


あと青山周辺では、新しくキャラメル屋さんがオープンしたらしいし、竹下通りにはシンガポールのクッキー屋さんがオープンしたらしいし、マックスブレナーは次回行くし、まだまだ新店いっぱいある。
また今度、まとめて面倒みてやるから、それまで潰れるなよ?