読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

祝!復活のルコントのケーキ

ルコント、というのは、特別な響きがあります。
今から何十年も前、まともなパティスリーなんてほとんどなかった頃に、ルコントは本場フランスの美味しいケーキをたくさん売っていて、何度もお世話になりました。
新宿伊勢丹の地下にもおっきな売り場持ってて、威容を誇っていました。


自分が四谷に引っ越して、青山一丁目のルコントに行かれるのがとても嬉しくて。
すぐに一度行って、パリブレストとウフ・アラネージュ食べました。

どっちも美味しかったけど、ウフ・アラネージュはほんと最高でしたねー。
これからはいつでもここに来て美味しいケーキやデザートを食べることができる。
うふんうふん。


・・・と思ったら、ルコント、お店全部閉めてしまいました。
あわー・・・
まあ、アンドレ・ルコント氏はずいぶん前に亡くなっていたし、これも時代なのかなー
なんか、寂しいです。
でも、1960年代から本場のフランスの味を届けてくれたお店に感謝!


・・・と思ったら、ルコント、復活しましたよ。
http://www.a-lecomte.com
場所は広尾。
ホントはねー、青山一丁目にまた戻ってきたら最高なのですが。
でも、近々行きたいなー
とか思っていたのですが、この度、新宿伊勢丹のマ・パティスリーに出店とのこと。
新宿伊勢丹への、久しぶりの里帰り。
これは見届けないと。
ということで、行ってきました。


マパテのショーケースを見ると、
スウリーちゃんがいない!
なにそれ!スウリーちゃんあってのルコントでしょ!
もーうぷんすか。
でも、ないものは仕方ない。
ケーキ3つと、名物フルーツケーキのカットを購入。


ルコントのケーキ箱、マパテであっても、こんなふうに包装してくれていました。

いいなー。これ。
ルコントのロゴいりの包装紙。
自分が子供の時分は、ケーキ屋さんの箱を包んでいた包装紙を大事にとっておいて、本のカバーにしたりランチョンマット代わりにしたり、有効活用していたものです。
最近はあんまりそういうの流行らなくなってしまって、ケーキ屋さんのケーキ箱は畳みやすい簡素な単なる白い箱が主流。リボンも包装紙もあんまり見かけなくなってしまった。
なんか懐かしいなあー。


そんなわけでルコントのケーキ。最初は「トロペジェンヌ」。

あれ?これ、トロペジェンヌ?
どっから見てもサバランかババオラムだよね?
トロペジェンヌって、もっと別のケーキなような気がするんだけど。
でも、マパテのプレートには確かに「トロペジェンヌ」と書いてあった。見間違えてないはず。
ルコントのトロペジェンヌはババなのか?
うーん、詳しい人プリーズ。
切ってみました。

たっぷりのシロップ。ラムがこれでもかというほど入っていて、
お酒弱い人なら酔っ払うこと間違いなし。
素晴らしく美味しいです。
力強さがある。


モンブラン行きます。

モンブラン、マパテのプレートには土台がスポンジと書いてあって、そっかーと思ったのですが、切ってみると

なんだ、ちゃんと焼きメレンゲじゃん。そうでなきゃおかしいよね。
中にスポンジははさんでいるけど、ごく薄い。
そして、このマロンクリームが、マロンペーストと生クリームと、あとバター使っていると思う。非常にしっかりと固いクリーム。バタクリの固さ。
栗が濃厚!とかではないのですが、全体としてフランス菓子の古典的な美味しさがある。


そして、フォレノワール。

まさに教科書通りのフォレノワール。
そして、食べてみても、忠実なフォレノワールで、文句のつけようがない。
少し前にフォレノワールについて、
1.フォレノワールはチェリーがたっぷり入っているべし!
2.フォレノワールはキルシュがたっぷり効いているべし!
3.フォレノワールはチョコクリームが濃厚であるべし!
4.フォレノワールはふんわりとした食感を保つべし!
と書きましたが、全てをきれいにクリアしている。
美味しい美味しい。


最後に、名物のフルーツケーキを。

ちょっと薄いけど、ドライフルーツがこれでもかと入っていて、
食べごたえあります。アプリコットの酸味がわりと強かった。



ルコントのケーキ、久々に食べました。
正直食べる前は、「さすがにもうルコントの時代は終わっていて、古臭く感じるんじゃないかなー」と危惧していましたが、
「古さ」は確かにあるけど、「古臭さ」ではない。臭くはなかったです全然。
河田シェフの言う「ベーシックは美味しい」という言葉がピッタリとあてはまる。
何度か書いていますが、自分はケーキの古典とか基本に敬意を払っていない人の作るケーキはダメだと思うのです。
ベーシックを否定する人のクリエイションは、どんなに才能があっても浅い。
ルコントのケーキは、だから、今後もあり続けて欲しい、あり続ける必要のあるケーキだと思うのです。
道しるべとして。


ルコントのケーキ、美味しく食べながら、ちょっとじんわり心に沁みましたね。