Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


当然恵比寿のパティスリーもチェックしてきましたよ

写美を出て恵比寿の駅まで戻り、今度は駒沢通りをテクテク。
恵比寿にはなんといってもレザネフォールがある。
それに、レザネフォールのすぐ側に新しくケーキ屋さんが出来たとのこと。
なんでも、専門学校のバンタンが運営するケーキ屋さんなんだって。
その名は「スイーツラボラトリー・トーキョーブランシュ」!
長い名前だ!
位置関係としては、こんな感じ。

すぐ近くみたい。


まずはレザネフォール。

店内に入って、初めて知ったんだけど、
レザネフォール、明日15日はアニバーサリーのイベントやるんだって。
店内のケーキ全品10%引きとか、ケーキ3個セットが980円とか、その他色々。
その前日に来るなんて、なんとまあなんとまあ!
まあいいんです。イベントなんて関係ないんですよーだ
ということで、ケーキ3つ購入。
そこからバンタンのある方へテクテク。
スイーツラボラトリー・トーキョーブランシュはスタイリッシュなファサードでした。

このケーキ屋さん、運営はバンタンなんだけど、パティシエさんはマンダリン・オリエンタルのスーシェフでショコラ担当だった宮川シェフが担当しているのだとか。
だったらチョコケーキは買わないとね。
それと、モンブランが2種類あって、球磨栗のモンブランと洋栗の「ショコラ工房のモンブラン」があるらしい・・・んだけど球磨栗のモンブランは売り切れ。
じゃあ洋栗のほうを。
それから、新作というサントノーレを。
以上3個、購入しました。


まずはレザネフォールのケーキから。
ピスタッシュグリオット。

名前の通り、ピスタチオとチェリーのケーキ。
このピスタチオとチェリーのケーキ、今年自分が予約したクリスマスケーキと構成が同じ。いわば前哨戦ですな。
断面図。

ピスタチオムースとミルクチョコムース、そしてチェリーのジュレ。
とてもバランスが良くて、美味しいです。
ピスタチオもしっかり豆の味するけど食べにくさはなし。
そして、チェリーが中に入ってるコンポートと上に載ってるのと味わいが異なる。上に飾ってあるチェリーはキルシュが効いていて、コクがある。中に入ってるチェリーは酸味がしっかり。
これはクリスマスケーキ楽しみだわー。

バルケットオマロン。栗のケーキ。

古典菓子ですね。大きさは小さめ。
切ってみます。

栗がコロンと入ってる。
アーモンド(クレームダマンド)が入ったタルトが香ばしくて、栗がホクホクで、美味しい。
チョコが栗の味を殺してないのがいいですね。


ノワゼットカフェ。

上の飾りにもあるように、ヘーゼルナッツとコーヒーのケーキ。
これは素晴らしいですね!
上部のヘーゼルナッツのムースはふわっとして柔らかい。
中段のチョコレートは、少し固めの食感。
下段のナッツ入りチョコはザクザクとしている。
上から下に行くにつれて徐々に食感が固くなっていく、そのグラデーションが美しい。
コーヒーもしっかり香ってました。隠し味よりはもう少し前面に出ていて、ナイスアシスト。


いやーレザネフォール、どれも安定して高いクオリティ。
このアベレージの高さは素晴らしいです。
伝統もしっかり守った上で個性もしっかり出しているし。そして味のバランスがとてもいい。安定感があります。


さて、先に抜群の安定感を感じさせたレザネフォールに続いて、全く未知数の新パティスリー、スイーツラボラトリー・トーキョーブランシュのケーキを。
まずは和栗がなくてこっちにした「ショコラ工房のモンブラン」を。

樅の木みたいなフォルムですね。
クリスマスにいいんじゃないかな?
この、マロンペーストをフリル状にしたモンブラン、最近時々見るけど、最初に始めたのって誰なんだろうね?
切ってみます。

中には一粒栗。
台は焼きメレンゲ。その焼きメレンゲを薄くチョコでコーティングしてある。
それが「ショコラ工房」の所以?
さて、味の方はと言いますと・・・
うーむ、ちょっとあっさりしてるかなー?
モンブランはマロンペーストと生クリームと焼きメレンゲが基本パーツなのですが、その3つのパーツのどれかはしっかり甘くないと、おさまりが悪くなってしまう。
美味しい洋栗のモンブランは、生クリームは無糖、マロンペーストは濃厚、焼きメレンゲが甘さをサポート、という構成がベストなのですが、ここのモンブランは3つのパーツがみんな甘さ控えめ。なので、メリハリのないぼんやりした味になっているように思える。
惜しい。実に惜しいです。


柚子のサントノーレ。

サントノーレを売っているのは好感。サントノーレのシューに飴がけなのも好感大。
これは、良く出来たサントノーレだと思います。
下の台になるパイもさっくりしていて、そのパイにもきちんと飴かけてあって、手抜きはなし。
柚子の香りもわざとらしくなくて、これみよがしでないのは好感触。
教科書的によくできてる。


ガトーショコラ(チョコバナナクランチ)。

切ってみます。

味は、チョコバナナ味。
チョコバナナは、基本美味しいですよね。このケーキも普通に美味しい。
食感も楽しい。


スイーツラボラトリー・トーキョーブランシュのケーキは、予想よりはだいぶ良かったです。美味しかった。
どれももうあと一工夫あれば、もっとグッと良くなるとは思ったけど。ちょっとお行儀がいいかなーという印象。
こうしてお店開いたんだから、簡単にやめないで頑張って欲しいです。