Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ジュンウジタのケーキのレベルが異常にあがっててドラクエの遊び人レベル

今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーはジュンウジタです。
ジュンウジタ、これで4回目。もう常連と言ってもいいぐらいですね。
今回も買いに行ってきました。
碑文谷のお店には行けてませんが。


ジュンウジタ、マパテに最初に来た時は、ぶっちゃけ「あんまりパッとしないなー」と思いました。
2度目は、ちょっと良い部分もありつつも、やっぱり鎌倉時代に比べるともうちょっと出来るはず!という思いが。
それが、3回目はどれもすごく美味しくって、ケーキのフォルムも華があって、そのクオリティのレベルアップにびっくりしたのです。
そして迎えた4回目。はてさて。


今回のジュンウジタの催事出店の目玉は、プチサイズのドゥミ・セックの詰め合わせ「ポンポネット」。
それがショーケースの多くのスペースを取っていて、生ケーキの種類はちょっと少なめ。
でも、新作のケーキもいくつかあったし、ラインナップの中で食べたいケーキがちょうど4つあったので、それを全部購入。


まずは、モンブランから。
意外にもジュンウジタのモンブランは初めての出会い。
こんな形状です。

以前からのモンブランと大幅にモデルチェンジしたようです。
うーむ、これは、自分はあんまり好きじゃないタイプのモンブランかもしれない。
オーボンヴュータンとか老舗のパティスリーがよくやる、マロンペーストに生クリームを加えてトロトロにしたタイプのモンブランは、和栗モンブラン全盛の今ではちょっとオールドファッションかなーと思っていて。
これはどうだろう・・・
断面。

このモンブラン、お約束の生クリームの層がない!
表面のマロンクリームの下にもう一層、クリームがあるのですが、これは生クリームではないですね。カスタードかな?和栗ムースかな?
そして、パーツの大半を占めているタルトの分厚さよ。
で、食べてみたのですが・・・
タルトうめー!!
アーモンドの香りのすごさ!
そして、ガリッガリに焼きこんだ食感!
上のマロンクリームは軽やかなので、完全にタルトが主役。
モンブランというより「モンブラン風タルト・オ・マロン」ですねこれは。
いやーこのタルト、魅了されますです。


次は、ショコラピスターシュ。

これ、胴の部分はチョコムースじゃなくて、チョコスポンジなのです。変わった構成。
まるで芝生のようなピスタチオが美しいですねー。
このケーキ、買って帰る時に「チョコくんとピスタチオくんが激突するなら、木の陰に星明子的なチェリーかベリーちゃんがいて欲しいよなー・・・」と思ってました。
この三重奏になってはじめてそれぞれの個性が生かせる。
果たして・・・断面図。

おし!おし!
チェリー入ってる!
そうでなきゃ!
ピスタチオのクリームは適度な香ばしさ。チョコスポンジは、スポンジケーキなのに濃厚。チェリーがやっぱり上手に効いてる。
美味しいですねー。
いやー。なんともいい感じ。


次、オランジュキャラメル。

日本の駄菓子に「べっこう飴」というのがあるけれど、このケーキの表面は、本物の鼈甲みたい。ツヤツヤと輝いてます。
フォークを入れると、飴がパリン!と割れる。

そして、これ、ちょっと、うわー、あー!!
すごいよこれ!
食べた瞬間背筋がゾクゾクっと震えましたよ。
あのですね、上の飴がですね、ちょっとだけ焦げくさいのです。
ケーキの表面をキャラメリゼする場合は、焦げる直前まで火を入れて香ばしさを出すのが鉄則で、これが上手な店は焦げる寸前、99%まで持っていくのですが、
このオランジュキャラメルの表面は100%を少し踏み越えた101%の焦げ具合。
だから、焦げくさいし苦味も強い。
だけど、それがこのケーキにすごくマッチしている。
中にはオレンジピール、そしてマカダミアナッツのバタークリーム。
構成としてはオーソドックスなのですが、この飴・・・焦がし砂糖が凶暴に暴れまわることで、ものごっついケーキになってる。
これは・・・人によっては「やりすぎ」に思えるかもしれない。けど自分はこれ断然支持しますね!
これは絶対食べるべき!


最後、タルトキャラメルエピス。

エピスということは、つまり香辛料をたっぷりつかった、大人向けのケーキ、ということが予想されますが、どんなケーキなんだろ。
断面。

これも大当たり!すげー美味しい!
全体を包んでいるのは塩キャラメルの甘さ。けっこう甘ったるいです。
それを引き締めるスパイス。
アクセントをつけるドライフルーツ。
そこに濃い目のチョコレートが加わる。
各パーツがしっかり仕事している。


ジュンウジタのケーキ4つ食べて、しばし陶然。
なんか、ジュンウジタ、マパテに来るたびにものすごくレベルアップしてるのですが。
前回もかなり美味しくて、やっぱり宇治田シェフは素晴らしいと思っていたのですが、
今回は完全にしてやられました。
これは、自分の中のケーキランキング爆上げです。
ジュンウジタ、催事よく出るから今回はスルーと思ってる人、絶対行ったほうがいいです。オランジュキャラメル本当にヤバイですから。