Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ユウササゲ、今度は銀座三越催事のを購入しました。

ユウササゲのケーキについては、自分が購読しているブログやツイッターなどでは、どうも否定的な意見が少なくない。
ここのダイアリーにコメントを書いてくださっているみるこさんも、イマイチと言ってたしなー。
うーむ。
自分はけっこう気に入っていて、プレジールのケーキはそんなにピンときてなかったのですが、捧シェフ本人の名前のついた自分の店を作ってからのケーキのほうが美味しいと思っているのです。


そんなもんで、ジャパンケーキショーで散財してしまったけど、やっぱり行っておきたい銀座三越。行ってきました。


銀座三越の週替りケーキの催事なんですが、何度か書いているようにちょっとスペースが狭い。それもあって並んでるケーキの種類がちょっと少ないんですよね。
今回も、2つある冷蔵ショーケースのうち1つはケークが並んでいて、プチガトーはちょっとしかなかった。
その中でも食べたことのないケーキとなると、さらに限られてきて、
結局ケーキ3つだけにしました今回は。
ケーキ3つだとちょっとお昼ごはんとしては量足りないのですが、今日は銀座松屋の地下でメゾンカイザーの「ランチボックス」を先に買っていたので、3つでも足りるのだ。


今回購入したユウササゲのケーキ、まずは「ヌメロドゥ」。

これ、ホワイトチョコのムースのケーキなのですが、表面がベージュ色。
なんでかというとケーキ焼いているらしいのです。
なので、ホワイトチョコのコポーも、かんな屑みたいに見えますね。
断面図。

これ、構成凝っていて、ムースの間に(多分)クレーム・ダマンドの層があるの。
この一工夫が効いている。単調になりがちなホワイトチョコムースに多彩な味わいをもたらしています。
そして、底のパイ生地、

これがすごく美味しい!
例えれば源氏パイや不二家ホームパイの高級バージョンの味。バターたっぷり。
トータルで食べごたえあり。すごく美味しいです。


次は、秋らしい栗のエクレア。「エクレール・ドゥーブル・マロン」です。

今回の催事ではモンブランは販売しないけど、モンブラン仕立てのサバランや、このモンブラン仕立てのエクレアを販売する、ということでした。
今日はサバランはなくて、こっちのエクレアがあったので、こっちを購入。
これ、外側からは単にマロンペーストを絞ってナッツを散らしたエクレアに見えますが・・・断面図。

中に、アプリコットのジュレが隠れているのです。
凝ってます!
凝ってるんだけど・・・うーむ、アプリコットが隠れていないというか、アプリコットの味しかしないというか・・・
これ、本格的にアゲインスト!(ちゃんみお名言集より)
アプリコットって、単に酸っぱいだけじゃなくて、独特の果実感がある。言い換えればエグみ・渋みがある。それがいい方向に出れば素晴らしい味になるのですが、このエクレアはちょーっと主張し過ぎかなー。
ジャパンケーキショーのマルメゾンのモンブランの時にも書いたのですが、栗、特に和栗という素材は、とてもとても繊細なので、変にいじらないほうがいい。濃厚な洋栗はカシスやアプリコットと合わせても負けないんだけど、和栗は簡単に敗北する。
このエクレール・ドゥーブル・マロンは和栗と洋栗を合わせたものとのことですが、洋栗だけにすべきだったのかも、と思いました。


気を取り直して、最後。タルトタタン。

りんごの層が分厚い!これはりんごたっぷり使ってますねー。
で、食べた瞬間、
酸っぱい!
この酸味は間違いなく紅玉。
すごく酸っぱくて、それから甘さと苦さが。
タルトタタンは、やっぱりギリギリまで焼きこんで苦味を感じるぐらいじゃないと本当じゃない。
黒くないタルトタタンはタルトタタンにあらず!
そして、下のパイ生地だけじゃなくてりんごからもバターの香りがするんだけど。気のせいかなー。
もしかしたら、りんごにもちぎったバターを混ぜているんじゃないかと思うんだけど。りんごの部分とてもいい匂いしました。


ということで、ユウササゲのケーキ、今回は控えめに3つです。
エクレアは前回のバジルのエクレアもちょっとハズしたし、鬼門かもなー。とは思ったけど、他の2つはとても美味しかったです。
ユウササゲ、モンブランもかなり美味しいという噂で、やっぱり注文受けてからマロンペースト絞るらしいので、やっぱり千歳烏山また行かないといけないなー・・・と思いを新たに。


ちなみに、銀座松屋のメゾンカイザーで買ったランチボックス、
サンドイッチとキッシュとケーキが入って598円。

もちろんそれぞれの分量は少ないんだけど、これはお得だと思う。銀座松屋限定だそうです。
実は四谷のPAULもランチボックスやっていて、以前は何度か利用していたのですが、先日、それまでの600円台→100円ぐらい値上げして700円台になってしまったので、ちょっと高くて買えなくなってしまった。
598円というのは、とても魅力的なお値段。
まだ食べてないんだけど、サンドイッチはなんと「アボカドとトマトとカッテージチーズのサンド」だそうで、すごい組み合わせだ・・・
あと、メゾンカイザーのケーキも意外に侮れなくて、ここのフランがすごく好きなんですよね。今回はフランじゃなくてベリーのケーキですが、多分美味しいと思う。
このメゾンカイザーのランチボックス、ほとんど知られていないような気がするのですが、オススメ。