Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


アカシエのケーキ@マ・パティスリー2013年7月バージョン

アカシエのケーキ食べるのは4回目です。いずれも催事ですが。
でもこのダイアリー過去ログ見たら1回分まるまる記事書いてない。アントワネット食べた時のがまるっと抜けてる。なんでだろ。
まあいいや。


というわけで酷暑の2013年7月ですが、地下鉄乗って新宿三丁目へ。
伊勢丹に着いたのは10:29。開店1分前。
地下の入口には開店待ちの人がいっぱい。
そして、開店と同時にどっと店内になだれこむ。
マ・パティスリーの方にも3〜4人のお客さんが駆け込んでいて、自分、完全に遅れとった。
そしたら、マ・パティスリー、片側の入り口を封鎖していて、入場制限してた。
うわー、アカシエ人気あるなあ。
そして、自分の前に並んだお客さんがものすごい買い方してて。
サントノーレタヒチを3個とババを3個とモンブラン3個と・・・とか。
アントワネット4個、とか。
なんだそれ。買い物代行業の人かあんたは。
そんなわけでマ・パティスリーの店員さん、大量に発注されたケーキの梱包におおわらわ。とても商品補充の方まで手が回ってない。
なので、サントノーレタヒチもアントワネットも品切れ状態。
サントノーレタヒチ、ちょっと食べたかったんだけどなー・・・
しかたない。
アカシエのケーキ、モンブランとかフォレノワールは以前食べたので、それ以外のケーキをチョイス。
あと、今回の出店の目玉、ヴェリーヌの「レシフ」も購入。


自分の自宅、四谷の駅からけっこう歩く。
なので、帰りには直射日光で汗だく。
家について、まずはケーキの箱を冷蔵庫に入れて、扇風機つけてびちゃびちゃの汗を乾かします。
30分ぐらいして、落ち着いてきた所で紅茶を淹れます。
紅茶は夏でもホットで行きますよ!アールグレイ・ランカクラシック。


最初に食べたのは、「ロワイヤル」というケーキ。

上にかかってるのがフォンダンとナパージュの中間みたいなもので、撮影している間にもどんどん溶けて垂れてくる。
とにかく大慌てで食べました。
このロワイヤル、ミルクティーのケーキだということでしたが、
めちゃめちゃ美味しい!
たっぷりお砂糖を入れたミルクティーの、幸せな味。
このロワイヤル、他の人の記事を読むと使ってる紅茶はアールグレイらしいのですが、そんなにベルガモット臭はしなかった。アールグレイ飲みながら食べてたので気づかなかったのかな。
むしろ、アッサムセカンドフラッシュのような、濃厚な濃厚なミルクティー。
7月に食べても美味しかったけど、これ、冬の朝に食べたら最高だろうなあ。


エリゼ。

何度も書いているように、チェリーのケーキが好きなんだよ!
これはチェリーとチーズのケーキだとのこと。
断面。

チーズはあっさり目だけど、乳臭い香りがいい。チェリーのジュレが酸っぱくてとっても美味しいの。上のクッキーが甘じょっぱくて、いいアクセント。


パルファン。

すごいフォルムだ・・・
断面のアップ。

チョコスポンジ、チョコガナッシュが何層にもなっていて、中に刻んだオレンジピールが。
これは濃厚だわ・・・
濃厚なチョコレートにグランマニエをたっぷり効かせて。とろりとした口当たり。
それに、上に飾ってあるオレンジコンフィを一緒に食べると、もうもう。
オレンジチョコのケーキはかくあるべし、という、素晴らしく濃くて美味しいオレンジチョコケーキです。


最後、ヴェリーヌの「レシフ」。

上の焼きメレンゲは、可愛いけど食べるのが大変そう。
スプーンですくったら、案の定ポロポロこぼれました。
何層にも重なっているのですが、一番下はゼリーなんですね。

この紫色のゼリーは、なんだろう?ぶどうのような味がしたので、赤ワイン?それかグレナデン?違ってたらごめんなさい。
このレシフ、解説ではパイナップルとココナッツのヴェリーヌということだったのですが、パイナップルもココナッツも意外や脇役でした。
主役になってたのは、一番下のそのゼリーと、上から2番めのブリュレ。
ゼリーはゆるゆるでさっぱり味、ブリュレはこってり濃厚味。
この2つの要素がうまくミックスされていればいいのですが、ちょっとミスマッチ的な齟齬が。両雄並び立たずですね。
思うのですが、今はどの店も夏はヴェリーヌやりますが、ほんとうに美味しいヴェリーヌって、意外と難しい。
安易にゼリーを詰めておけばいい、というものでもないし、かといってあんまりこってりしすぎると夏らしくなくなっちゃうし・・・
ラ・ヴィエイユ・フランスのヴェリーヌは美味しかった。アカシエのはレシフよりも、もう1種類出てたマンゴーのヴェリーヌのほうがいいかもしれない。


というわけで、アカシエのケーキ4回目でした。
酷暑の中のケーキでしたが、夏向きのヴェリーヌよりも冬っぽいミルクティーやチョコレートのケーキが素晴らしかった。
夏向きのケーキということでは、サントノーレタヒチが食べられなかったのが痛恨。あれを食べていたらまた感想違うものになっていたと思うので。


マ・パティスリー、次回はパティスリーリョーコ。リョーコはアカシエ以上に人気を博すだろうから、開店前に行かないとやばいかもなあ。