Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


三鷹の森ケーキツアー!

前の記事に書いたように、吉祥寺に来ることは以前から決定していました。
で、吉祥寺来たら、どこでケーキ買おうか。
今度こそアテスウェイかな?とか思ってました。
でも、おかげさまで話題になった食べログ批判記事、コメントもいっぱいいただいたのですが、その中で「無鉄砲」さんのコメント。

吉祥寺近辺のあの店が入っていないのは、ちょっと残念だけど、広まらなくて良かったかも。

あーー
そこまで言うなら、店名書いてくれればいいのにー・・・無鉄砲さんのいけずぅ。
やきもきしてたら、杉本先生その他複数の方から、「吉祥寺近辺のあの店」は「パティスリー ル・リス」じゃない?という有力情報が。
ル・リス、そんないいの?
行ってみる!
前のめりになったら、更にアドバイスをいただいて、ル・リスに行くなら近くのコテ・デュ・ボワも行ってみたら?という。
調べてみたら、確かにル・リスとコテ・デュ・ボワ、すぐ近く。

よし!そしたらアテスウェイあとまわしにして、まずこっちを攻めよう。
ということで急遽開催、三鷹の森ケーキツアーです!


吉祥寺、北にも南にもバス発着場あるのですが、三鷹の森に行くバスは公園口から出てます。
2番バス乗り場から千歳烏山行きへ。

この千歳烏山行き、かなり頻繁に発車してるみたいで、すぐに来ました。
バス代は210円。
吉祥寺駅前から井の頭公園に沿って走ります。
・・・と、あっという間に目的地、下連雀へ。
あらら。これなら歩いても来られたわ。
バス代ちょっともったいなかったかなー・・・
下連雀バス停から徒歩1分、パティスリール・リスがありました。

店内ではケーキや焼き菓子の他にパンやチョコ、ゼリーなども売ってました。
週末限定で販売している「トロぺジエンヌ」が好評のよう。
う、それ食べたかった・・・
生ケーキもさわやかなムース系から濃厚なチョコ系までバラエティー豊か。
悩みながら4つチョイス。


ル・リスから来た道を戻ること5分程度。
ジブリ美術館の対面。コテ・デュ・ボワがありました。

店内、カフェスペースがかなり広い。
休日なんかはジブリ美術館帰りの人でにぎわうんだろうなー。
ショーケースにはケーキが数種類。
ネームプレートには「ショコラバナーヌ」が書いてあったんだけど、現物はなし。ちょっと食べてみたかったけど・・・
でもスペシャリテの「ボワ」と「モンマロン」はあったので、よしとします。
「ボワ」は持ち帰り時間30分の制限付き。
三鷹の森から家まで・・・30分はちょっとキツイかなー?どうかなー?と思ったけど、持ち帰り時間30分を宣言。無事購入出来ました。
コテ・デュ・ボワから「万助橋」バス停へ。帰りのバスもひっきりなしに来ているみたいで、数分でバス到着。吉祥寺駅へ。そこから大急ぎで帰ってきました。
時間は!?と見ると、30分をちょっとだけオーバー。
うーん、やっぱり無理だったかー。でも、ちょっとだけなので、勘弁して下さい。ごめんなさい。


大急ぎで紅茶を淹れて、とにかくまず「ボワ」を。

この独特の形。たしかに生クリームがゆるくなったら倒壊の危機。30分時間制限もやむを得ないか。
でも、なんとか持ちこたえて持って帰ってこられたので、よかった。安心。
断面図。

この「ボワ」、たしかに形は可愛い。すごく可愛い。
でも、味はどうなの?形だけじゃないの?とちょっと思ってて。
でも、食べてみて、失礼な考えだったと謝りたい気持ちに。
思ったよりずっと美味しい。
軽めの生クリームにふんわりスポンジなんだけど、下にどっしりと焼きメレンゲがあるのが大きい。
これ、焼きメレンゲなかったらぼやけた味になってたと思うんだけど、ザクザク焼きメレンゲのおかげで味に焦点が絞られている。
いいじゃない、いいじゃない。見直しました。


次に、「ボワ」と並んで人気のモンブラン、「モンマロン」を。

これも形がラブリーすぎますね。胸キュンです。
断面図。

生クリームの量は少な目。これも焼きメレンゲががっつり。
そしてマロンペーストにはしっかりお酒が効いてる。
可愛い外見とうらはらに、味は正統派のモンブランですね。


ジャルダンフレジェ。ショートケーキです。

イチゴが満艦飾。
断面。

これは、ちょっと軽いかなー。
でも、中にはさまれたいちごジャムがしっかり甘いので、なんとか凡庸なショートケーキにはならずに済んでいる。


最後。エクリュ。
チーズスフレですね。

切ってみます。

これにはブルーチーズを使用しているらしい。
たしかに、しっかりしたチーズの風味。
スフレもふわふわぽわぽわではなくて、目がつまった、しっとりした食感。
欲を言えばもっと濃くてもいいけど、このぐらいのバランスが食べやすいかな?
なかなかです。


コテ・デュ・ボワの予想外の健闘に気を良くしつつ、次はル・リスのケーキへ移行です。
まずは、「マントン」です。

これも可愛いですねー
これ、レモンのムースケーキだそう。
断面。

中に入ってるのはイチゴのソース。
食べてみましたが、レモンの酸味が鮮烈!
酸っぱくあるべきものはしっかり酸っぱいのが正しいと思うので、これはかなり好きです。
でも、レモンだけだとちょっと単調になりがちなところを、イチゴで変化をつけてて、食べてて楽しい。
これなんですよね。このひと手間、かけるかどうかでケーキのクオリティは全然違ってくる。
素晴らしいです。


テ・ドュ・ソレイユ。

なんだこの上のチョコ!月星!ハートわしづかみ!
可愛いだけじゃない。これ何層になってるんだ?すごい手間暇。
アールグレイのスポンジにオレンジのバタークリーム。それにチョコが1層。
上に載ってるのはピーナッツ!砂糖がけしてあって、これ単体でも美味しい!
バタークリームはかなり固めで、食べごたえがある。
構造はかなり複雑だけど、とても食べやすい。サービス精神が旺盛だねー。


次は濃厚なチョコケーキ。「シャンパーニュ」。

濃厚なチョコケーキ好きとしては、この風貌に期待大・・・
食べてみました。
!こ、これは・・・
ロッテの「バッカス」を3つぐらいいっぺんに口に入れたみたいな!
名前からして使ってるお酒はシャンパンなんだろうけど、ブランデーのような強烈なアルコールが。酔うよこれ。
美味しい。美味しいけどこれはちょっと上級者向けかなー。18禁、R指定ケーキです。


最後、すごく美味しそうだったエクレアを。「エクレール・オ・プラリネ」。

エクレール・オ・プラリネって、要は輪っかじゃないパリブレスト?
上には黒糖がふりかけてあるのだとか。
食べてみましたが、期待を裏切らない美味しさ。
プラリネクリームは濃厚、シュー生地もしっかり焼いてあって味わい豊か。
やっぱりこれパリブレストだよ。
美味しい美味しい。


ということで、三鷹の森のパティスリー2軒。どちらも美味しくて大満足。
しかしなー・・・吉祥寺っていったいケーキ屋さん何軒あるんだ?
多すぎるだろう。1〜2軒わけてほしい。
そして、次回こそアテスウェイ。の予定なんだけど、また新たなパティスリーが出現する可能性もある。
可能性もあるっていうか、ゴセキにも行ってないし、コピスの地下にはル・コフレ・ドゥ・クーフゥもあるし、ほんと収拾つかねー