Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


五反田へ美味しいランチと美味しいケーキを求めて

前の記事の最後に書いたように、5月1発目のケーキ屋さんはシュクレリーナードにしようと決めていました。
でも、1ヵ所で帰ってくるのはちょっともったいない。
どうしようかなーと思ってたら、こんな記事が。

経営はレストラン・フードコート運営などを手掛けるクリエイト・レストランツ・ホールディングス(同)。レストランやフードコートの店舗企画や直営展開を事業の柱としている。パティスリーショップの直営は初の試み。

クリエイト・レストランツって聞いたことある。ふうん。
まあ、どこが資本でもいいんです。美味しければ。
この「パティスリー イケダヤマ」、オープンは3月4日とのことですが、ネット上にあんまり情報がない。
でも、引用した品川経済新聞の記事に掲載されている画像からすると、ちょっと期待できるかも。
うん、じゃあここにも寄ろう。
あと、五反田で気になっている店が他にもあって、
「パン・オ・フゥ」という、ここはベーカリーレストランらしいです。
http://www.painauxfous.com/
ここのビストロでの名物が「ポーチドエッグ」。ポーチドエッグを赤ワインソースとか季節ごとのソースとかの上に浮かべたものがとても美味しそう。
それに、ベーカリーレストランだけあってパンが食べ放題。
それにサラダ、飲み物がついて1000円だとか。
よし、じゃあそこに行って、お昼食べて、それからケーキだ。
ということでまずは五反田に行ってきました。


五反田駅を降りて、道を東にまっすぐ。
かなり長く歩きます。
7〜8分ぐらいすると、「住友不動産高輪パークタワー」というビルが見えます。

このビルの中に「パン・オ・フゥ」はあるみたいです。
ビルの中に入ると、正面にお店が。

1階がベーカリー、2階がビストロになっています。
2階をあがると、まだ12時前だというのにかなりの人。
全員女性です。
自分は1人客なのでカウンター席へ。
ランチ、名物のポーチドエッグの他に生ハムのランチ、チーズ盛り合わせのランチなどもあって、かなり変わってます。
でも前から決めてあったポーチドエッグ、赤ワインソースで注文。
するとまず最初にパンの盛り合わせがやってきます。

バターがついてる!この値段だとバター別料金とかでも仕方ないと思うのに、豪気だ。
パンも、パン食べ放題ベーカリーレストランにありがちな、いい加減なパンじゃなくて、なかなかのもの。
ポーチドエッグが出てくるまでにパクパク食べてたら、すかさず「パンのおかわりはいかがですか?」と持ってくる。
うーん、素晴らしいホスピタリティ。
次に出てきたのがサラダ。

これもボリュームたっぷり。
それと、先に持ってきてもらったコーヒー。

そして、そんなに待たずにポーチドエッグがやってきました。

卵を切ってみると、黄身がとろーり。
かなり濃い黄色です。

これをすくってパンにつけて食べる。
美味しい!
最後はソースのついたお皿をパンできれいにぬぐって、完食です。

ポーチドエッグを食べ終わって、残ったパンを食べながらコーヒー飲んでたら、
「焼きたてのベーコンエピです!おひとついかが?」という声が。
うん、それじゃいただきましょう。
そのベーコンエピと、フィグのパン、そしてくるみ入りのパン。

ふう。
これで1000円は、かなり満足度高いんじゃないかな?
駅から離れてるけど人気なのはうなずける。


「パン・オ・フゥ」でそこそこおなかいっぱいになって、五反田駅に戻ってきます。
そして今度は桜田通りを直進。
3〜4分歩いた所で、関東病院とライオンズマンションの間の道を入っていきます。

すると、「パティスリーイケダヤマ」がひっそりとありました。

店内に入ってショーケースをじっと見。
生ケーキの他にプリン、シュークリーム、シフォンケーキ、チーズケーキ、チョコレートケーキなどがありました。
季節柄いちご推しみたい。
値段はかなりリーズナブル。300円台のものがほとんど。
そのなかでひときわ輝いていたのが、オープン記念と銘打たれた「あまおう苺のプレミアムショートケーキ」。これは500円。
まあせっかくだからそれも買いましょう。
ということで4つ購入。


お店を出て、五反田駅へ。
東急池上線に乗ります。
でも池上線の入り口がわからん。
うろうろしてたら、どうやら「Remy」という駅ビルの中に入り口があるらしく。
ビルに入って4階にあがったら、改札ありました。
始発電車に乗って、いざ雪が谷大塚へ!


ガタゴト10分ぐらい。
雪が谷大塚へ到着。

さてと、シュクレリーナードへ向かいます。
・・・

やってませーーん!
あううう・・・
あれー?そんなはずは・・・
でも、休業は厳然たる事実。
がっくり。
どうにもならないので、雪が谷大塚から失意のうちに五反田駅へ。
そこからJRで帰ってきました。


家についてから、シュクレリーナードの公式サイト http://sucreriesnerd.com/ を見たら、アクセスのページの下の方に「定休日:水曜日」と。
ぬがー!ぬかってもーたー!
いや、「食べログ」の情報では「不定休」になってたので、多分やってるだろうと思ってた。
うー!
前の記事で食べログ、客観情報は有効活用してるって書いたけど、客観情報もあてにならねー!
やっぱりお店の公式サイトがある場合は仔細を目を凝らして見ておかないとだめですね。
・・・ということで、残念ながら「パティスリーイケダヤマ」のケーキだけ。
ランカクラシックを淹れてケーキ箱を開けます。


苺とクリームチーズのドーム仕立て。

ドーム仕立て。ナウい。
切ってみます。

下はスポンジ。
苺とクリームチーズのムース、いちごミルク味で美味しいけど、そんなにチーズは感じられないかな。
全面的にいちごムースなので、もう一工夫あるとよかったかも。食感のコントラストとか。


レアチーズとショコラブラン。

可愛い。
断面。

これは、よくよく見るとホワイトチョコムースの層とチーズムースの層にわかれてるっぽいんだけど、どっちも白いからわかんないよね。
これも、美味しいことは美味しいんだけど、ちょっと一本調子。
もうちょっと何かアクセントになるものがあると美味しさが段違いにアップすると思うんだけど。
惜しいなー


チョコレートとプラリネのムース。

これ、上にナッツ載ってたり金箔載っけてみたり、かなり豪華な仕様。
断面。

うん、これは前の2つのよりは美味しいと思う。
まあプラリネはもっと濃厚でもいいけど、中にナッツが入ってたり、いろいろ工夫してあって好感触。


そして最後、あまおう苺のプレミアムショートケーキ。

今回購入した他のケーキは全部380円なんだけど、これは500円。
でも、上に大粒のあまおうがドンと載っかってて、これだけでも原価けっこうするでしょう。

これ500円はかなりお値打ちなんじゃない?頑張ってると思う。
上のあまおうはもちろん甘酸っぱくて美味しかったし、ケーキに挟んであるいちごも量たっぷりで、ゴージャスな気分になります。
パティスリーSATSUKIの「スーパーショートケーキ」っていくらだっけ?と調べてみたら1050円だって!
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/p_satsuki/menu/super/
それ考えると、とってもお買得。


ということでパティスリーイケダヤマのケーキでした。
美味しかったけど、やっぱりシュクレリーナードのケーキも一緒に食べたかった!
うー・・・自分の不徳のいたすところ。
近いうちに雪が谷大塚再訪します。