Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


定番のクリスマスソングに飽きた人へ贈る10曲

クリスマスまでついにあと10日!
ここのダイアリーではもう何度クリスマス関係の記事をポストしたか。
11月頃から騒いでいましたからね。
でも、ようやくクリスマスらしくなってきた。
It's Beginning to Look a Lot Like Christmasですよ。


自分のところでは每日のようにクリスマスソング流しているのですが、さすがにホワイトクリスマスとかサンタが町にやってくるとかサイレントナイトとか、聞き飽きてきた。
同じ思いをしている人もいるんじゃないでしょうか。
そこで、定番のクリスマスソングにはもう飽きたよ!という人のために、
ちょっとひねったクリスマスソングを10曲選んでみました。
これで今年のクリスマスを新鮮な気持ちで乗り切ってみてください。


1.Benny Sings & Clara Hill "On Christmas Morning (feat. SK Choir)"元はケニー・ロギンスの曲らしいのですが、完全にベニー・シングスの曲になってますね。いなたいコーラスも効果的で、すごく暖かい曲。
[asin:B00A1983BI:detail]


2.Sammy Davis Jr. "Christmas Time All Over the World"これもいかにもサミー・デイビス・ジュニアらしい曲。子供の声とのかけあいは「陽気なキャンディーマン」をほうふつとさせます。

It's Christmas Time All Over the World

It's Christmas Time All Over the World


3.The Four Tops "Christmas Here With You (feat. Aretha Franklin)"これはフォー・トップスの最近の曲(1995年)らしいのですが、いい曲です。アレサ・フランクリンをフューチャリングしてますがアレサあまり目立ってませんが。

Christmas Here With You

Christmas Here With You


4.パール兄弟 "サンタがTokyoにやってくる"アルバム「パール&スノウ」収録。この「パール&スノウ」、名盤です。ウインターソングとそうでない曲が半々に収録された8曲入りのミニアルバムなのですが、どれも名曲。クリスマスソングということでいえばこの"サンタがTokyoにやってくる"とマーティン・デニー風「ママがサンタにキスをした」があります。

PEARL&SNOW

PEARL&SNOW


5.SMAP "愛の灯〜君とメリークリスマス〜"
ジャニーズなので当然Youtubeはなし。
これ、キリンジの堀込高樹さんの曲なんです。すごく上質なシティポップになってる。ウキウキしてしまう。アルバムはマケプレで1円なので是非。アルバム全体も名盤。

S map?SMAP014

S map?SMAP014


6.Hanson"What Christmas Means to Me"元はスティーヴィー・ワンダーの名曲。でも、スティーヴィーのオリジナルよりもこっちのほうが好きかも。
ハンソン、1発屋として知られていますが、実はとってもいいバンド。このクリスマスアルバムも過小評価されてますがなかなかです。

Snowed in

Snowed in


7.Raphael Chicorel "You're My Christmas"
Raphael Chicorelのアルバム"I’m in Love with You"が大好きで、中でも"Walking with Jocko"という曲がとても可愛くて可愛くて。
そのアルバムの中に収録されているクリスマスソング。静かで暖かな曲です。

I’m in Love with You

I’m in Love with You


8. Spike Jones & His City Slickers "All I Want for Christmas (Is My Two Front Teeth)"スパイク・ジョーンズの「前歯のない子のクリスマス」。外国では定番曲らしいですが日本ではあまり知られてないかなと思って紹介。
スパイク・ジョーンズは冗談音楽の元祖。クレイジー・キャッツやドリフターズに多大な影響を与えた人として有名なのですが。
この曲は歯の入れ替わりで前歯がない子供が「クリスマス」とちゃんと言えなくて困る!という曲。可愛いです。

Let's Sing a Song of Christmas

Let's Sing a Song of Christmas


9.Madonna "Santa Baby"オリジナルはEartha Kittの曲。このマドンナのバージョン、可愛すぎだろう。流麗なストリングスがクリスマス気分を最高に盛り上げてくれます。
クリスマスアルバムの定番"A Very Special Christmas"収録なので知っている人も多いとは思いますが。

Very Special Christmas

Very Special Christmas


10.Anita Kerr Singers "The Bell That Couldn't Jingle"最後はやっぱりこの曲。バート・バカラックの"The Bell That Couldn't Jingle"です。
この曲、このダイアリーでも何度も言及してますが、とにかく大好き。
でも、これを歌ってるアーティスト、あんまりいないんですよね。バート・バカラック本人とハーブ・アルパートと、ボビー・ヴィントンという人とあと少しぐらい。
その中ではこのアニタ・カー・シンガーズのバージョンがかなり気に入っています。ちょっとソウルフル。

Cool Yule ! : The Swinging Sound Of Christmas

Cool Yule ! : The Swinging Sound Of Christmas


・・・以上10曲。いかがですか。
自分はクリスマスソングが本当に好きなので、もしこれ以外にもお気に入りのクリスマスソングがあったら是非教えてください。
いろいろ知りたいので。よろしくお願いいたします。