Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


小路啓之「来世であいましょう」4巻

2012年11月、小路啓之月間のラストを飾るのは「来世であいましょう」の完結4巻。

来世であいましょう (4) (バーズコミックス)

来世であいましょう (4) (バーズコミックス)



「来世であいましょう」、3巻のラストがえらいことになっていて、なになに!?この先どうなっちゃうの?という展開で、その後のページに
「待望の第4巻は2011年夏刊行予定!」
と書いてある。
確かに書いてある。
それが・・全く音沙汰なし。
ようやくの刊行。待ちましたよ。ほんと。
この前のライブペインティング&サイン会の時に先生がちらりと言ってたのは、やっぱり紆余曲折があった模様。
でもまあ、お蔵入りにならなくてよかった。


発売日の昨日、新宿のブックファーストで4巻を購入。家に帰ってきてから1巻から再読。そして、いよいよ4巻に。
・・・・・・・・。
うわ、うわ、うわあああ・・・・
3巻のラストから更に凄絶なことに。
そして、びっくりするほどエロい。
小路先生の描く女の子は(男の子も!)それでなくとも可愛くてエロいのですが、鼻血出そうでした。
1巻でかぴあがピョンピョン跳ねてブルマーを見せていたあの遊具であんなことになるとは。


そう!小路先生の作品にはかつて存在した(今はない)場所やノスタルジックな風景がよく出てきますが、「ごっこ」でも閉園になった遊園地がでてきたし、「来世」でもデパートの屋上遊園地が重要な舞台になっています。
こういう世界観、自分にとってツボすぎる。


そして最終話。
もうもうページをめくるたびに
大工健三郎部長の言う「度肝しか・・・抜かせねえ」
そして衝撃的なラスト。
・・・ふう。
深い溜息をついて読了しました。
きれいに完結していた。


それにしても・・・小路先生の作品、こんなにも面白いのにひとつ不満があるとすれば、短い!
かげふみさんもごっこも来世も、短いよ!
どれも世界はきれいに閉じてるので、唐突な感じはないのですが、やっぱりもうちょっとこの世界に留まっていたいのに・・・という我儘な気持ちは残ります。
ポポネポはどうだろう。どのぐらい続くのかな。