Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ジュン・ウジタのケーキ2回目。

マ・パティスリーにジュン・ウジタのケーキが巡回してきました。
前回来たのが今年の3月末。
その時の記事:

だから半年ぶりぐらいですね。ひんぱんに来てくれるのは嬉しい。
というわけで買いに行ってきました。


ショーウィンドウを見て思ったのが、とてもベーシックなケーキが多い、ということ。
今回は買わなかったのですがオペラとかも置いてあった。
まあ秋冬だしオーソドックスなケーキも悪くないかも。と思って4つ購入。


ムースキャラメル。

キャラメルのムースにバナナのムース。
レーズンも入っていて、いい味のアクセントになってます。
バナナとキャラメルって、ほんとによく合いますよね。
バナナのえぐみはそれほどなかったので、美味しく食べられました。


フロマージュフリュイ。

英語で言えばフルーツチーズケーキ。
フルーツといっても赤い果実ですね。入っているの。
断面図。

上に載っかってるベリーがかなり酸味が強いので、タルトフリュイルージュ的な味わい。チーズはあまり感じなかったなあ。


ガトーマルジョレンヌ。

面白い形してますよね。
メレンゲとプラリネ入りシャンティが中にはさまってる。
しみじみとした味わい。でもちょっと地味かなあ。フランス菓子というよりオーストリアあたりにありそうなケーキ。


フランボワジェ。

今回ちょっと地味なケーキが多かった中ではわりとフォトジェニック。
可愛い。
スポンジ生地が独特の食感で、ものすごくしっとりしてる。ちょっと「ねっとりとした」とも言える。
もう少し酸味が効いていてもよかったかな。



・・・というわけで、今回購入したケーキは比較的オーセンティックというかオーソドックスというかベーシック回帰というか。
ジュン・ウジタがそっちの方向に行っているのか、伊勢丹のセレクションがそういう方向だったのかは実際に碑文谷のお店に行ってみないとわかりませんが。
このあたりがマ・パティスリーの限界。やっぱり本店に行かないと駄目ですよね。
でも遠いんだ碑文谷。なかなか行けなくてごめん。


マ・パティスリー、来週はラ・ヴィエイユ・フランス。
そして10月24日(水)〜10月30日(火)は、パティスリー リョーコ。
パティスリー リョーコ、ものすごく評判いいですよね。でもまだ行ったことなかったので期待。
ショコラモンブランが食べてみたい。ショコラモンブラン出てるかな。