Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ア・ポワン閉店!慌てて行ってきました。

ツイッターで名パティスリー、ア・ポワンが6月末で閉店の事実を知ったのが6/12。
ア・ポワン、最近は週2日営業なので、残された日はあと6日のみ。慌てて馳せ参じました。
所在地、西八王子は中央線。四ツ谷から乗り換えなしで行かれます。
でも、小一時間かかります。けっこう遠い。
なので、なかなか行かれなかったのですが、こんなことならもっと行っておくべきだった。ちょっと、かなり後悔。


お店は西八王子から7〜8分歩いたところにあります。
幹線道路から少し外れているので、ちょっとわかりにくいかも。
こんな感じのお店です。

到着したのは10:30頃だったのですが、先客がけっこういました。これ、多分昼過ぎたら店の外まで行列できるんじゃないかな。
もしかしたら生ケーキはもうやってないんじゃないか?という心配は杞憂に終わり、ガラスケースにはシェフのスペシャリテや、夏らしいヴェリーヌもたくさん並んでいました。
本当なら全部端から端まで買いたいところですが、泣く泣く5つに絞りました。


メロンのショートケーキ。これはア・ポワンのスペシャリテ。前にも買ったことあるのですが、

こればっかりは絶対外せないので今回も購入。

ジューシーなメロンとふんわりとしたスポンジ生地、軽やかな生クリーム。
やっぱり美味しいわこれ。
いちごのショートケーキと違って水分がにじみ出るから難しいと思うのですが、本当にうまくまとめてある。


グリオットのショコラ・フォンダン。

濃厚なフォンダンショコラに無糖の生クリーム。中にさくらんぼが1粒。
甘くない生クリームがたっぷりなので、チョコレートの濃厚さが上手に中和されていて、バランスがとれている。


ムラング・カフェ。これもスペシャリテですね。

コーヒーのムースの上に林立する焼きメレンゲの柱。
ア・ポワンといえばメレンゲ、というくらいここのメレンゲは美味しい。
このムラング・カフェ、ケーキの上に載ったメレンゲは湿気ちゃうので、替えの焼きメレンゲがおまけについてくる。

おまけの焼きメレンゲの説明書。

コーヒーと焼きメレンゲ、最高によく合う。スプーンですくっていただきます。


店名を冠したケーキ「ア・ポワン」。

バニラとキャラメルのムース。ケーキが形を保つギリギリまで柔らかくしてある。
中に入ってるのは調べると洋梨のようなのですが、食べてみた感じでは桃のような気がした。違ってたらごめんなさい。
キャラメルがほろ苦くて、お酒もちょっと効いていて、見かけよりはずっと大人の味。こういうクラシカルなケーキ、惚れてしまいます。


レモンと赤すぐりのタルト。

一見するとポロネーズみたいに、全体がメレンゲで覆われています。
さっきも書きましたが、ア・ポワンといえばメレンゲ。絶対美味しいと思って購入しました。
どんな構成になってるんだろう、と半分に切ってみたところ・・・

なんじゃこれ!ほとんどがメレンゲ!
レモンのケーキにはメレンゲが鉄板とはいえ、このメレンゲの量には驚かされました。
そしてこのメレンゲ、表面を軽く炙ってあるので、ちょっとパリッとしてて甘くてとても美味しい!
レモンのムースはかなり酸味があるのですが、この大量のメレンゲとちょうど釣り合うすっぱさ。とても美味しい。


以上5個、さすが名店だけあって惚れ惚れする美味しさでした。
これがもう食べられないというのはとても残念です。
自分、記憶力はそんなにないのですが、今日食べたケーキの味、忘れないようにしたい。


6月の残りの営業日は、17日、23日、24日、29日、30日です。

西八王子、遠いのは確かですし、混んでるかもしれませんが、遠出しても並んでも食べる価値あり。都合がつく方は是非行ってみてください。

ア・ポワン 岡田吉之のお菓子 シンプルをきわめる

ア・ポワン 岡田吉之のお菓子 シンプルをきわめる