Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ラブリコチエ@高円寺のケーキ

今日は吉祥寺に行ってきたんですよ。
目的は散髪。大船に住んでいた時から「it's」という1300円カットのお店に通ってて、四谷にはいい美容院がないから「it's」の吉祥寺のお店まで電車に乗って散髪してもらっています。
http://www.eits.jp/index.html
それで、帰りにレピキュリアンのケーキを買って帰ろうと思って寄ったら、お休みで。
あれえ?定休日は水曜のはずじゃなかったっけ?
ちゃんと調べたのに。
大丈夫かなレピキュリアン。ちょっと心配になってしまいました。
仕方ないので、荻窪のヴォワザンに行こうか高円寺にしようか悩んだのですが、高円寺のラブリコチエ、実はお店に行ったことなかったので、ためしに行ってみようと思いたち、途中下車しました。


「ラブリコチエ」、高円寺の北のはずれにあります。ほとんど中野区。
ラブリコチエ、意味は「アンズの木」だそうで、店も杏のオレンジ色。

いつものように4つ選んで購入。
ここでは、季節ごとにフレイバーが変化するルリジューズははずせないところ。
それと、店名を冠したケーキがあったので、それも買わなければ。
・・・と悩みながら4つ。買いました。



まずは、ルリジューズ。今の時期はさくらんぼ味でした。

断面はこんな。チェリーのカスタードクリームがぎっしり。

ちょっとびっくりしたのが、かなり甘い!
これはとても嬉しかったです。フォンダンがたっぷりかかっていて、クリームも濃厚なので、とても甘くて美味しい!
チェリーの酸味はそれほど感じなかったかな。もうちょっとチェリーの風味も楽しみたかったけど、これはこのバランスでいいのでしょう。


これもクラシカルなケーキ、サントノーレ。

ごくごくオーソドックスなサントノーレ。それだけに手抜きが許されないのですが、これもしっかり濃厚な味わい。キャラメルのクリームがこってりしていて、うん、これも甘くて美味しい。
中に洋梨の角切りが入っていました。


店名を冠したケーキ「ラブリコチエ」。

ルックスがキュート!
そして、上に載っている杏とアーモンドが示すように、これはアプリコットとアーモンドのケーキ。
断面。

アーモンドのムースにアプリコットのジュレ。ヘーゼルナッツのビスキュイ。一番下にはアーモンドのクッキーがごろごろと。
さすが店名を冠するだけあって、こだわりが随所に見られる手間の掛かったケーキ。アーモンドとアプリコットって合うんですね。


最後の一個はどれにしようかかなり悩んだのですが、
ルックスに魅せられてこれにしました。
シシリアン・フィグ

上に生のいちじくがどっかりと腰を下ろしています。これと目があったら買わないわけにはいかないでしょう?
シシリアン=ピスタチオなので、これもピスタチオがたっぷり入ったケーキです。
真ん中を横切る赤い線はカシスとグロゼイユのジュレだそう。
ピスタチオが濃厚なのと、いちじくも一種のナッツのようなものなので、全体としてはかなりナッティー。豆っぽさがダメな人は食べられないかも。
自分は大丈夫なので、美味しくいただきました。



全体の印象としては、今回チョイスしたのがクラシカルなケーキが多かったこともあって、しっかりと甘いケーキが多かったように思います。
ものすごく自分ごのみ。
高円寺からちょっと遠いのが難点ですが、また新しいルリジューズを食べに訪れたいですね。