Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


豊洲スイーツロードを歩く

ここのところ、雑誌のスイーツ特集なんかでよく取り上げられているお店に、「パティスリーSAKURA」というお店と、「パティスリースマイユ」というお店があって、これが両方とも豊洲にあるという。
豊洲ぅ?
実は数年前、ほんのちょっとだけ豊洲のそばに住んでいました。
そのころは豊洲といっても何もなくて、ただ、大規模な再開発計画があるとは聞いていましたが。
それがパティスリーですよ。信じられない。
嘘か本当か実際に見てみようと思って行ってきました豊洲へ。


久しぶりに訪れた豊洲は、明るくてきれいな街になっていました。
天気が良かったせいもあるけれど。


それで、パティスリーSAKURAとパティスリースマイユですが、これがめちゃめちゃ近くにある。
写真撮って来ました。

左はじの黄色いビルがパティスリースマイユ、右はじのピンクの建物がパティスリーSAKURA。
ちょっとしたスイーツロードですよこの道。


でも、その前に。
お店の定休日とか場所とかを調べるために食べログを検索してみたのですが、でてきたのがhttp://r.tabelog.com/sweets/tokyo/A1313/A131307/rank/
これの一番は何かなと思ってみたら、たいやき屋さん。
たい焼き、どんだけうまいんだ?
このたいやき屋さんは、スイーツロードの真向かい、ホームセンター「ビバホーム」に出店してるということで、まずはそれを確認しに行ってきました。
ビバホーム。典型的な郊外型ホームセンター複合施設。

たい焼き屋さんの名前は「かめ福」。

小倉あん120円。

食べてみました。

確かに皮は薄い。
もうひとつ、季節のあんということでさつま芋。140円。

これも食べてみました。

どちらも甘さ控えめ。皮はパリパリ。確かに美味しい。
でも、「わかば」を食べ慣れている自分としては、これが一位はないだろうと。


たい焼き2個食べてから、いよいよパティスリーに突入です。
まずはパティスリースマイユ。

http://www.patisserie-semailles.com/
ここでは、ミルフィーユ、苺のティラミス、そしてスペシャリテの「ユナ」を購入。
1分後にはパティスリーSAKURAへ。

http://saneido.biz/sakura/index.html
ここでは「ヌガー」、「ミスティール」、「サンマルク」を購入。
両手にケーキを抱えて家に帰ってきました。


紅茶を淹れて、ケーキの撮影&食べ比べタイム。
パティスリースマイユのミルフィーユ。380円。

カスタードはちょっとぽってりとしていて、とても好み。


苺のティラミス。390円。

すごく可愛い。でもこれ、ティラミスか?マスカルポーネチーズ使ってるのかなぁ。
イチゴのムースがとっても清冽で美味しい。


ユナ。これだけちょっと高くて500円。
オレンジキャラメルショコラ味とのこと。

断面はこんな。

食べてみましたが、パティスリースマイユのケーキはどれも親しみやすく優しい味わい。食べやすい。でも、良い材料を使ってるのはよくわかる。こういう店、好きだな。


そして、パティスリーSAKURA。
サンマルク。450円。これは料理通信のケーキ特集でも取り上げられていた。

料理通信 2011年 09月号 [雑誌]

料理通信 2011年 09月号 [雑誌]

パティスリーの定番サンマルクをモダンなデザインに作り変えていて、とても気になっていた。行ったら絶対に買おうと決めていました。

裏側にまわってみると、底のほうにフランボワーズのジュレが塗ってあるのがわかる。

表面は軽くキャラメリゼしてある。


ヌガー。450円。

表面には大きめの杏といちじく。そして赤桃。ピスタチオ。
裏側にまわってみます。

断面図。見てわかるように、ナッツがたくさん。ナッツはなんだろう。ピスタチオの味はずいぶんしたのですが、色がちょっと違うからなあ。


ミスティール。これは560円。
フランスのコンクールで優勝したシェフのスペシャリテとのこと。

断面。

ライム、プラリネ、胡椒のケーキとのことですが、ライムはわかったけど胡椒はちょっと見つからなかったなあ。
パティスリーSAKURAのケーキは、かなりレベル高いです。
そして、モダンで先鋭的。パティスリースマイユがほっとできるケーキなのに対して、パティスリーSAKURAのケーキは感覚を研ぎ澄まして食べるタイプのケーキ。正反対の性格。
その時々によって使い分けることができる。豊洲の人は恵まれてるなぁ・・・