Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


銀座のラデュレに行ってケーキその他を食べてきましたが。

ここ1ヶ月ぐらい、このダイアリに来てくれる人の半分はググル検索で「ラデュレ」で来ていただいていて、でもその記事はだいぶ昔の情報なので申し訳なくて。


でも、ようやく食べることができました。ラデュレのケーキ。
平日の午前10時半に入りましたが、ウエイティングはなし。男性のひとり客が多かった。まあ自分もそうなんですが。


内装はこんなかんじ。

とりあえず、下品な感じはしなかったです。


メニューにはオムレツとかフレンチトーストとか軽食もあったけど、やっぱりケーキ。
注文したのは
サントノーレ・ピスターシュ フレーズ900円*1と、クープ・イスパハン1100円*2と紅茶1200円*3
高いとは聞いていたけど、やっぱり高い。これで美味しくなかったら怒ってもいい値段。
しばらく待って、ケーキとパフェが来ました。

左の銀のボウルに入ってるのがクープ・イスパハン。右のケーキがサントノーレ・ピスターシュ・フレーズ。
両方とも洗練されてはいるけれど、わりとトラディショナルなたたずまい。
量がけっこう大きいのは嬉しい。


先に、溶ける前にクープ・イスパハンをがっつり。

下にはローズペタルのアイスとラズベリーアイス。その上にラズベリーとライチが載っていて、さらに大量の生クリーム、上からラズベリーソース。
それから、サントノーレ・ピスターシュ・フレーズを。

これも大量の生クリームはピスタチオ風味。その下にはイチゴのアイシングのミニシュー。土台にはほんのりアーモンドの香りが。



・・・で、感想なのですが、
美味しいことは間違いないのだけれど、なにかが足りない。
たとえば、クープ・イスパハンのローズペタルのアイスとフランボワーズのアイスの組み合わせが、微妙にしっくりしてない。フランボワーズの酸味が強すぎる。ローズペタルもライチも繊細な味なだけに、酸味に負けちゃっている印象。
サントノーレも、イチゴとピスタチオの組み合わせは王道だけど、ピスタチオを生クリームに混ぜているのは斬新。・・・だけど、その生クリームが、弱い。
いや、美味しいんですよ?すごく。
だけど、なぜか「何かが欠けている」ような気になってしまう。
例えがいいか分からないけれど、「設計図」は100点なんですよ。素晴らしい。
だけど、出来上がった建物は70点なんですよね・・。やっぱり建築資材(材料)の違いなのか・・。


ケーキとパフェと食べて、でも物足りなかったのでマカロン追加。

キャラメルとフルール・オランジュ。2つで560円。
マカロンはやっぱりずば抜けて美味しい。けっこうマカロン食べている自分ですが、ラデュレのは、特にフィリングに関してはバケモノレベルに美味しい。


あ、ちなみに、テイクアウトとイートインでケーキの値段が違います。
今回のサントノーレ・ピスターシュ・フレーズは店内900円、テイクアウト740円です。


結論としては・・・というか、もうあと1〜2回食べないと断言は出来ないのですが、
店内でケーキを食べるのは馬鹿。テイクアウトならまあ価格相応と言え・・るか言えないかの当落線上。店内のみのクープ(パフェ)なら試してもいいけど過度に期待しないほうが吉。同じ銀座のピエール・マルコリーニのクープのほうが個人的には好き。マカロンは最高。
・・と、こんな感想でした。

*1:いちごとピスタチオのミニシューケーキ

*2:「イスパハン」のパフェバージョン

*3:テ・メランジェ・ロワイヤル・フリュイ