Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


山下達郎のじゃない「クリスマス・イヴ」

12月になってしまいましたね。早っ!
12月といえばクリスマスなわけで、今年もちょこっとだけ模様替え。
テーマは「鈍色の曇天」。雪でも降りそうな天気の色。


子供の頃、クリスマスが近くなると決まってかけるレコードがあって、その中の1曲が特に好きだった。
だけどなにせ子供だから曲名はわからないし、そもそもレコードのタイトルすら知らなかった。だけどその曲はすごく好きで、自分にとってのクリスマスのテーマソングと言ってもいいくらいで。


月日は流れて・・・
もうすぐ12月ということで、そのクリスマス・アルバムをパソコンにリッピングしようと思い立って、押入れから出してきました。
タイトルすら知らなかったそのレコードは「The Perry Como Christmas Album」というものでした。
そして、自分が特に好きだった曲は、実にありきたりな「Christmas Eve」というタイトルだったことが判明。

上記Wikipediaによると、この「Christmas Eve」は作曲がGerard Andre Bieselという人、作詞が何とRay Charles。曲のバックコーラスもレイ・チャールズ・シンガーズが歌ってるとのこと。
そうか、あのゴージャスな曲調は「I Can't Stop Loving You」に通じるものがあったのね。
とてもふわふわとした、浮き足立つような、クリスマスの気分にぴったりのドリーミーな曲です。
1969年のペリー・コモのクリスマス・ショウのTV番組でこの曲が披露されてるのをYouTubeで見つけました。
冒頭に流れる曲がそれです。

Everyone, everywhere
feels the thrill in the air
Christmas Eve, Christmas Eve
Christmas Eve!

All the streets snowy white
as they sing "Silent Night"
on this holy holiday eve!

All the kids are so good
go to bed when they should
mustn't take any chances tonight!

They will sleep with a smile
as they dream all the while
of the gifts they'll receive
Christmas Eve!


すごくいい曲だと思うのですが、この「Christmas Eve」、他の人が歌っている形跡がどこにもない。
それどころか、ペリー・コモの数多くリリースされているクリスマス・アルバムのCDにもほとんど収録されてない。
確認できたのは、唯一このCDだけ。

Perry Como Christmas

Perry Como Christmas


山下達郎の「クリスマス・イヴ」ももちろん名曲だけど、この胸がきゅんとなるペリー・コモのも、全然知られてないのはちょっと悔しい。もったいない。
と思ったのでここで紹介してみました。


関連: