Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


「電脳コイル現象」史

推測も多数混じってますが、これまでのストーリーから比較的整合性があると思われる「電脳コイル現象」についてのタイムラインを整理してみる試み。暫定版なので、今後の放送と共に改定していくつもり。

順番 通路を開いた人物 状況
1回目 ?年前 医療事故?  イサコ兄、捕らわれる→意識不明、病室4423号で療養中
2回目 5年前 ?  ヤサコ、捕らわれる→イサコ兄の電脳体と出会う
3回目 4年前 原川玉子  多数の少年少女が失神。メガばあ倒れる→記憶の一部喪失
4回目 1年前 天沢勇子  カンナ、捕らわれる→死亡、電脳体が取り残される
5回目 現在 天沢勇子  京子、ハラケン、ヤサコ捕らわれる→脱出


1回目と2回目は同じものかもしれないとも思ったのですが、キーワード「4423」が病室の番号であることを考えると、幼女時代のヤサコがイサコ兄に出会った時点では既にイサコ兄は入院していて、実際に出会ったのは電脳体としてのイサコ兄だったのでは?と推測。
また、電脳メガネは開発当初電脳医療と密接に関係していた・・ということは何度か語られていることから、もしかしたらイサコ兄はその犠牲になったのかもしれない・・これは完全な憶測です。
4回目については、イサコが「今度こそ1年前のような事にはならない」「私のためにあんな事が起きるのは嫌」と言っていることから、イサコが開いた可能性が高い。少なくとも深く関与していたのは間違いない。
そして、イサコはカンナの事故については知っているけれど、カンナとハラケンとの関係は多分知らない。ハラケンは、1年前の事故の原因を作ったのがイサコであることは知らない。これはけっこう残酷な設定。


10/20追記:いやぁ〜〜〜・・・・。
甘っちょろいこちらの推測など簡単に消し飛ぶ超展開。
自己嫌悪ひしひしですが、エントリ自体は残しておきます。慰霊碑として。
とにかく、イサコ頑張れ!絶望の先には絶対幸せが待っているはずだから!



10/21追記2:もう一度落ち着いて21話観てみました。
イサコ兄がミチコさんにさらわれた、というイサコの言葉はどの程度信用できるのか・・・。イサコが根本から騙されていた可能性はあるけれど、メガマスはイサコ兄のことでやっぱり何かを隠蔽しようとしているように見えるし、それに新聞記事やヤサコの「あっち側」の記憶からも、イサコ兄→イマーゴ→最初の電脳コイル現象、というのは事実の可能性が高いように思う。
ただ、メガマス病院の4423号室が虚偽だった以上、キーワード「4423」は病室の番号ではなくて別の意味なのかもしれない可能性も出てくる。
等々・・・の考察から、懲りもせず仮説&仮説で上の年表をイサコ中心に書き直すと、

  • ?年前、イサコとイサコ兄に最初の電脳コイル現象が発生。イサコは帰還したが兄は意識不明となる。
  • その後、イサコは金沢に引っ越し、兄とは別々に生活を送る。
  • 4年以上前、ヤサコが「あっち側」に迷い込む。イサコ兄(電脳体?)のおかげで帰還。
  • 1年以上前、イサコ、兄が襲われた電脳コイル現象についての情報を聞き、彼を救出するための暗号を教育される(バックにはメガマスがいて、その窓口が猫目?)ただし、この情報は虚偽だった可能性が高い(イサコ兄がこの時点ですでに死亡している・・・というのはあまり考えたくない。これは嘘であってほしい)。
  • 1年前、イサコ、何らかの方法で大黒市内に通路を開く。だが兄の救出には失敗。カンナに電脳コイル現象が起きる→カンナ死亡
  • 現在、イサコ大黒市内に引っ越し、キラバグを集めて通路を開くため奔走

・・どうせまた見当違いだったりするのだろうから、次回放送を観てまた修正します。


10/27追記:第22話視聴。イサコ号泣、ダイチ出撃、ヤサコ覚醒・・・と盛り上げておいて来週は総集編て。非道い。
とりあえず今回で年表的に明らかになったのは、ヤサコが4423(イサコ兄)と出会ったのは5年前。明言してましたね。
それと、猫目兄弟はどうやら父親との関連でCドメインに入り込む必要があるらしい。以前の「世界が崩壊する前に」というセリフは、Cドメイン空間のことで間違いなさそう。
Cドメインまでの構造は、推察すると
古い空間→(鍵穴)→「あっち側」→(コイルスノード)→Cドメイン
となっているみたいで、Cドメインにたどり着くための2つの関門を越えるにはイマーゴの能力者とコイルス社の実験動物「コイルスノード」が必要みたい。