Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


いちごジャム自作

地元の果物屋で小粒のイチゴを安く売っていて(4パック550円)、ちょうどジャムをきらしてたということもあったので自作ジャム用に購入。



自分の持っている本にあるレシピは、ごくシンプルかつプロ仕様なもので、

  1. イチゴ:三温糖:水が重量で4:2:1になるように計量。
  2. イチゴはヘタを取り除き、半量はそのまま、半量は裏ごしする
  3. 三温糖と水を火にかけて、108度まで熱する
  4. すぐにイチゴ(果実+裏ごし)を入れて、煮詰める
  5. あくが出てくるので、丁寧にとる。
  6. 最後まで絶対に強火をキープする
  7. 煮詰めて、糖度計で糖度68〜70%になれば出来上がり。

・・・というものなのですが、今回は三温糖の代わりに白砂糖を使用、イチゴも裏ごしまではせず、半量をフードプロセッサーにかけてみました。糖度計も持ってないので目視確認で。
分量は

  • まるごとイチゴ400g+すりつぶしイチゴ400g(合計800g)
  • 砂糖400g
  • 水200g



砂糖+水が沸騰したらイチゴを入れるのですが、すぐにものすごい勢いで泡とあくが出てくる。あくはどんどん除去します。



その後も何度も吹きこぼれそうになるのを耐えつつ、強火をキープ。



しばらくすると分量が減ってくるので、今度は焦げ付きに注意しつつ強火で。


全体の分量が最初の半量ぐらいになって、へらですくうとポタッポタッとたれてくる状態になったら火を止める。



あとは瓶につめて冷やすだけ。


・・・けっこう上手くできたみたい。
イチゴは、大きくて甘みが強くて酸味が弱い最近の品種だと、たぶんジャムにすると甘ったるすぎると思うので、小粒でちょっと酸っぱいくらいの「できの良くない」イチゴが適してると思う。