Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


マクドナルド「メガマック」はウェンディーズの「ビッグトリプル(チーズ入り)」の足元にも及ばない

今月12日に、マクドナルドからビーフパテ4枚の「メガマック」が発売されます。
http://www.mcdonalds.co.jp/sales/new/megamac/
きっと当日はそこらじゅうのブログで「食べたよ!」エントリがあふれるのでしょう。
そしてギガジンさんのところのエントリがたくさんブクマつくのでしょう。


だが、しかし!
その前に言っておきたい。
全国チェーン店系ファーストフードの最狂ハンバーガーはウェンディーズの「ビッグトリプル(チーズ入り)」であると!
http://www.nihon-wendies.co.jp/wendys/menu_hamburgers/index.html


たしかにビッグトリプルは名前の通りビーフパテが3枚。メガマックの4枚に比べると見劣りするのは否めない。
だけど、ご存知の通りマックのビーフパテは、とても薄いです。
それに比べてウェンディーズのビーフパテは厚いし、なにしろ大きい。
実際に食べたことがありますが、とにかく食べてる間中「肉!肉!そして肉!」とひたすら肉を食ってる印象でした。


動かぬ証拠に、両方の栄養成分を比較してみましょう。
参照:
http://www.mcdonalds.co.jp/quality/basic_information/menu_info.php?mid=8639 http://www.nihon-wendies.co.jp/wendys/CA/ca.html

商品 重量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) 食塩相当量(g)
メガマック 292 754 42.0 45.9 42.9 2.5
ビッグトリプル(チーズ入り) 790 54.6 49.6 31.2 2.8

ビッグトリプルの重量は不明ですが、ウェンディーズのビーフパテは1枚100gだから、300gを超えていることは確実。
そしてエネルギー量は明らかにビッグトリプルの勝ち。
特筆すべきは「たんぱく質」の数値の違い。
「肉!肉!そして肉!」をデータ的に裏付けてますね。


ただ、「ビッグトリプル(チーズ入り)」は単品600円。
メガマックが単品350円だということですから、コストパフォーマンスはマックの圧勝ですが。
個人的にはウェンディーズのビーフパテの味はかなり好きかも。ビッグトリプル、苦労しながらも完食できたもの。肉がまずかったら絶対全部食べられないって。


1/12追記:
ふ。予想通り。
肉が4枚の超巨大バーガー、メガマックを買ってきました - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070112_megamac
はてなブックマーク - 肉が4枚の超巨大バーガー、メガマックを買ってきました - GIGAZINE
ついでにTBとばしてやれ。えいっ!