Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


(多分)ゴスペル・ディスコというのは彼らには黒歴史なのかもしれない

iTMSからのお知らせで、こんなコンピ盤が発売されていたのを知りました。


Good God: A Gospel Funk Hymnal

Good God: A Gospel Funk Hymnal

NUMEROの新作「GOOD GOD! A GOSPEL FUNK HYMNAL」。コレ股、凄いトコロをツイてキタ、ゴスペル・ファンク。もう誰もついてこれないんじゃぁないかな...と心配したくなるようなディープなディギン・ワールドを展開ッ!


↓iTMS-J試聴&購入

Preacher And The Saints - Good God! A Gospel Funk Hymnal


まあ、元々ゴスペルはダンスミュージックと親和性が非常に高いのは当然なわけですし、これだけ凄い「どファンク」なゴスペルがあっても全然不思議ではない。
あと個人的にはゴスペル・ディープ・ハウスも、なんというかとても「くる」ものがあります。"Body & Soul"に収録されてるUnderground Ministries "I Shall Not Be Moved"とか、何度聴いてもぐわぁ〜っときますもん。


・・・にもかかわらず、「ゴスペル・ディスコ」というのはどうも黒歴史なのかもしれない。そんな気がするのです。


そう思うきっかけになったのが、老舗ゴスペル・グループMighty Clouds of Joyの大ヒット曲"Mighty High"で。
↓こんな曲。
Download
この曲すごく好きだったし、ロフト・クラシックスでもあるということで、収録されているCDでも買おうかな・・・としたら全然ない。彼らのベスト盤のどれをみても、全く収録されている様子がない。もちろんオリジナル盤はCD化されてない。
ようやく見つけたのがRhinoのありがちコンピにかろうじて収録されていました。

1976-Billboard Top Dance Hits

1976-Billboard Top Dance Hits

えぇ?あんなに売れたし、ある意味時代を代表する曲なのにこの不遇の扱いは??
・・と、ここで思い起こされたのがRance Allen Group。
マイゼル兄弟のSky High Productionsが好きな人ならばお分かりかと思うのですが、彼ら兄弟のプロデュースしたアルバム"Say My Friend"は、これまた入手がめちゃくちゃ難しい。"Reason to survive"がいくつかのコンピに収録されているくらいで、ランス・アレンの何枚も出ているベスト盤とかにも絶対に収録されてないんですよね。
なんでだろう・・と思ってたのですが。


日本でもディスコ・ブームの時には歌謡曲や演歌の大物さんが時流に乗ってか乗せられてかディスコに挑戦した珍曲が量産されて、その黒歴史は最近になってようやく紐解かれ始めたみたいですが、アメリカに住む黒人さんたちにとってゴスペルはある意味演歌みたいなものなのかもしれないし、さらに宗教的な歌でもあるわけだから、あの時代のやっちゃった感のある曲は封印しておきたいのかなぁと。


問題は同じダンスミュージックでもファンクはOK、ハウスもアリなのに、なんでディスコだけナシなのか?う〜〜ん・・


あ、ちなみに画像はそのものズバリ、「ハレルヤ・ディスコ」というアルバム。なかなか素敵な曲揃いなんだけど、やっぱり全体を覆う「やっちゃったオーラ」はいかんともしがたいかも。