Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ローズ・イン・タイドランドとミツバチのささやき

id:sitebbiwさんの激プッシュで知った(というか、それまで知らずにすごしていた)映画「ローズ・イン・タイドランド」を観て来ました。
http://www.rosein.jp/


いやぁ・・・すごかった。
久々にまごうかたなき「カルト映画」を観た、という感じです。今は亡きシネ・ヴィヴァンの香り。


それで、感想とか、ストーリーのネタバレとか・・・と思っても、これ2時間近い映画なのにストーリーが全然ない。感想といってもどう書いていいものやら・・。


で、思ったのですが、この映画はテリー・ギリアムによる「ミツバチのささやき」なのではないか、と。
というのも、お膳立てに共通項がとても多い。
荒涼とした風景、空想好きの女の子、蜂、冒険、モンスター、死・・・。
ストーリーらしいストーリーがないのも同じ。女の子のささやくようなモノローグで物語が進行していくのも似ている。
テリー・ギリアムはそこに「セックス・ドラッグ・ロックンロール」を加えて殊更バッドテイストに仕上げているけども、そっけないエンディングのあとに残るリリカルなイメージは、共通・・とは言わなくても非常に近いものを感じました。
・・と書くとビクトル・エリセファンから怒られるかな?でもエリセ好きならきっと面白いと思ってくれると思うんだけれど。