Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


わたし達はザジズゼゾ・・・が嫌いなの?

自分は音韻学とか全然知らないので、詳しい方教えてほしいのですが。


テレビを観ながら雑談していて、Siemensの補聴器のCMの時に
「昔はジーメンスって言ってたんだけど、いつの間にか『シーメンス』になってるのね〜」という話になって。
ひとつにはドイツ語と英語の発音の差異というのもあると思うけど、それ以外にも"Blues"を「ブルース」と言ったり"Smooth"を「スムース」と言ったり、外国語の発音を日本語化する際にやや強引に濁音→清音に変換して発音してしまう例はけっこうあるような気がする。
自分自身も、「スムーズ」とは言うけれど、「ブルーズ」はたとえピーター・バラカンさんが嫌な顔してもやっぱり違和感あるもんなぁ・・。


そもそも「濁音」という単語自体、あきらかにマイナスイメージでしょう?
外国語では「有声音(Voiced)」「無声音(Voiceless sound)」と分類されて、「濁った音」「澄んだ音」という概念はないわけで、おそらく「"Smooth"の最後の"th"の発音はなんか汚いよね」と言っても彼らは理解できないような気がする。
この感覚はどこから来ているものなんだろう?