Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


 幻のバッグを自作したご婦人

1900年代前半、「ベル・エポック(古き良き時代)」の仏・パリ社交界で大流行したというメタルビーズバッグ。第2次世界大戦後は材料も作り手もなく、そのまま姿を消してしまった。わずかに残る骨董(こっとう)品に魅せられ、材料からの完全復刻に挑んだ日本人女性、倉橋佳子さん(71)。4半世紀にわたる創作を振り返る作品展が、13−15日、東京・三田の「綱町三井倶楽部」で開かれる。


西洋骨董の店でたまに見かけるバッグですね。
ただアンティーク物は状態の悪いものも多くて、
この写真みたいな美しいものは自分は見たことない。
ゴブラン織りよりもずっとエレガント。



記事によると、アンティークのメタルビーズバッグに惹かれた倉橋さんが
ビーズの加工機械から織り機まで全て開発して、1つづつ作り上げたとか。
その執念たるや・・・。